町屋アートホームin新町

2011年10月10日 (月)

第二回町屋アートホームin新町 芝居屏風絵写真公開!

 撮影、岡松ともき。

150  作品は生島国宜氏。右に居るのが菊地容作氏。

152  国府田賢一氏。

153  izu♡milk氏。盛況です!

155  岡松ともき氏。このお二人は写真作品です。

157  マツモトマサヒデ氏。普段は妖怪モチーフですが、今回は河上彦斎が妖怪化!

160  加藤笑平氏。天草在郷美術館館長。

174  野田竜太郎氏。赤い椿と河上彦斎。演劇に忠実に描いていただいて、とても新町の方々に人気の作品でした。

190  ナカムラ佳子氏。少し遠くて申し訳ありません。独特の表現で彦斎の心象風景を表現!

168

 櫻井栄一。描き変わる前の台本で描いていますので、芝居に忠実ではありません。

175  宮部竜二氏。佐久間象山を彦斎が斬った場面。生島氏も同じ場面でしたが、個性がぶつかり合うとても素晴らしい屏風絵でした。

 高知で初めて見た絵金祭り。現代でやるとしたらという企画でしたが、とても美しいイベントになりました。

 今後ホームページを制作中ですので、詳しい写真や資料はそちらにアップしていきたいと計画中です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

第二回町屋アートホームin新町の写真大公開!

   撮影by岡松ともき

8_2  モヒカンポシェット展示「クラゲキングダム」。

20  只今「クラゲキングダム」展示販売会開催中です。

22  かね屋

28  いつものシャッターのイメージが一変!

29 31_2  ピンホールカメラで外の風景が映っています。

36   

 かね屋 加藤笑平、国府田賢一、菊地容作。

33  まるそー。宮部竜二。

40 41 43 兵庫屋、櫻井栄一。

46 47   LEDの提灯を持って、元麹室、今資料室に入ります。

53 55  茂平家、西田美紀。

56  新町御旅所開場寸前。

61 64  新町嗚呼斗芝居「赤き心の花や咲くらん~河上彦斎異聞~」リハーサル。

82  殺陣シーン。

103  ほぼラスト近く。

126  花や~咲くらん~♪

143  開場待ち!

145  芝居屏風絵展示会場。

161  展示開始!

 屏風絵の写真はまた後日!

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

町屋アートホームin新町に参加して頂いた皆さまに感謝です!新しい企画に向けて始動開始!!

 いかがでしたでしょうか、町屋アートホームin新町。

 今できる限界をお見せ致しました。

 この企画に賛同して運営に携わっていただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 ご来場いただきました皆さま、感謝です。

 今回の動員は、町屋アートホームin新町の町屋巡りが400人超。新町嗚呼斗芝居が200人超でした。

 町屋巡り400人!!ビックリですね!満足行く宣伝ができたとは思っていませんでしたが、それでもこの動員は凄いと思います。前回はスタンプラリーがあり、町屋の数は2倍、作家の数は3倍位でした。

 純粋なアートの企画で、400人もの方が巡回したといのはとても素敵な事が起こったのだなと思います。

 新町嗚呼斗芝居は、集客に不安があったものの初回でも200人を超える集客で大成功でした。

 終わってすぐに次回はいつだという質問の集中砲火を浴びて、驚きました。今までアートイベントをしてもそんな事を言われた事はなかったからです。

 次回に関しましては、終わったばかりでまだ今回の総括もしていないので何ともいえませんがあるのではないかな~位に思っております、分かりませんが。

 さて、個人的に次の企画は福岡進出を考えております。まだ具体的な案は全く出ておりませんが、思ってしまった以上実現するでしょう。

 イベント終了後半日位、虚脱状態になっておりましたが少しづつエンジンに火が入りつつあります。

 いつもこの、イベント終了時にはこうなりがちなので精神をコントロールするのが大変なのですが、今回は特に大きいイベントだったのでさらに大変。

 さて、次に行きますか。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

He is [ how it was and ] Machiya art home in Shinmachi.
I showed the limit made now.
Thank you very much for you who consented to this plan and had you engaged in management.
They are you who came, and gratitude.
Machiya art home in Shinmachi's tour around Machiya of this mobilization is more than 400 persons.
The Shinmachi 嗚呼斗 play was more than 200 persons.
400 tours around Machiya!! It is a surprise! Although he did not think that satisfactory 行く advertisement was completed, I still think that this mobilization is uncanny.
Last time, the stamp rally occurred and the number of twice and writers was 3 times the number of Machiya of this.
That which is that 400 persons also went round by the plan of a pure art thinks that the very great thing happened.
The Shinmachi 嗚呼斗 play was a great success in 集客 in which the first time of what had uneasiness in 集客 also exceeds 200 persons.
He was surprised to have finished and to be immediately covered with a concentrated fire of the question whether it is when next time.
It is because such a thing was not said even if it carried out the art event until now.
since generalization of this time only in having only finished still is not carried out about next time, either, it cannot say not at all, but it is -- I consider at ? grade -- it does not understand.
Now, the next plan considers the Fukuoka advance individually.
A still concrete proposal will be realized if it has considered at all, although it has not come out at all.
Although at least the day had changed into a state of lethargy in the second half of the end of an event, fire is going into an engine little by little.
Still more serious [ since it always tends to become like this at the time of this end of an event, it is serious to control soul, but ], since it was an especially large event this time.
Now, does it go to the next?
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

今日10月1日は、熊本市 町屋アートホームin新町に奇跡の瞬間が訪れる日です!必見!新町嗚呼斗芝居「赤き心の花や咲くらん~河上彦斎異聞~」は本当に凄い芝居に進化しました!

 今日の18:00開場、18:30開演の新町嗚呼斗芝居の通し稽古を、藤崎八幡宮御旅所で拝見致しました。

 このお能場が今回のような地芝居にて解放されるのは史上初です。新町の方々の熱意で、今まで解放されなかった御旅所が新たな可能性を見せようとしています。

 このお芝居は、本当の意味での「地芝居」だと思います。初演で新町以外で上演しても、意味がありません。

 新町の歴史ポテンシャルの高さは半端ありません!

 もともと、河上彦斎(かわかみげんさい)がモデルといわれる「るろうに剣心」の単行本を、新町で根付いて商売されている方々がほとんど所有されているという新町ラブな話しを聞いていました。

 熊本育ちながら、熊本の幕末から西南戦争にかけて不勉強だったので、楽しみながら改めてさい勉強を始めたとき、町屋アートホームin新町のアートディレクションのお話を頂きました。

 もともと新町を愛していらっしゃる方々と、骨が太い歴史があります。アーティストとしては、でっかい種にちょっと水を掛けてみるだけかなと思い、そうしてみたら、あれよあれよと芽がでてしっかりした木が、感覚としては3秒位で生えた感じ。

 新町嗚呼斗芝居にしても、河上彦斎をテーマにしてみたらという発想のみで、あとは新町青年会「新風連」の会長 村上さんと副会長の宮本さん、mocosの岡村編集長とドコサの坂口さんに丸投げ…ヒドイデスネー、無責任デスネー。

 そしたら!劇団きららの池田美樹さんが演出をしていただけることに!

 劇団有志の方々がご協力していただける事に!

 新町の方々が続々出演決定!

 なーんもしてません。

 演劇が~、ええんじゃなかと~と言ってみたら、すでに今日。

 通しの稽古では、感動のあまり目頭が熱くなりました!!!

 集団芸術の意味をこの年で初めて知りました。夢中になっている大人は本当に輝くんだ。

 仕事が終わった後、家でビール飲みながらテレビ見ているだけじゃ、子供達に申し訳ない。何かに夢中になって、真剣に笑顔!大人も子供も関係ない、どれだけ夢中になれたかかだけが人生にとって価値があることなのです。

 今日、新町嗚呼斗芝居が開演。

 今日の予定が空いているのなら、この新しい歴史が生まれる瞬間は必見です!

 あ~… 芝居絵の展示で自分が見れないのが、本当っ………に残念!!!

 誰か代わりに管理していただけませんか?

 みたい~!!

 サリュ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

熊本市町屋アートホームin新町、開催まであと2日。

 約半年、このイベントを立ち上げるに至って様々な事がありましたし今も起こり続けています。沢山の方にお力を貸していただき、いよいよ町屋アーホームin新町が開催されようとしています。

 注目が高まる程、イベントスケールが大きくなるほど、越えなければいけない壁は途方もなく高くなります。毎回イベントを経験するたびに、自分の至らなさを思い知るのですが、本当に様々な方のご支援があり、今回なんとか開催できる運びになりました。

 町屋の存在をもう一度クローズアップする事。その為に自分が持っている手札の全てを使い切りました。実際、もうカラッポといった状態です。

 これが熊本でアートイベントを手掛けるという事かと、実に様々な勉強をさせて頂いております。どんな事にだっていいことと悪いことがあるのは、イベントに限った事ではないのはないのは皆さんも御存じかと思います。

 一番重要なのは、当初のビジョン通りにやりきる事。色々不備もあり、途中で猛省する事もしばしばですが、自分が描いたヴィジョンを信じる事。それこそが、町屋に新しい価値観を吹き込む事になるはずだと信じてこの半年行動してきました。

 町屋アートホームin新町を開催するにあたり、一番重要なのはそこです。準備には至る所に不備があったりしますし、まだまだ自分も人間的にもオーガナイズ的にも未熟で皆さまに迷惑を掛けております。

 自分が嫌われようが、好かれようが関係なく、重要なのは朽ち果てようとしている町屋に再び脚光をあてる仕事をする事。その為には何をすべきかだけを考えて半年。いよいよ今週末にその結果が出ます。

 成功か失敗か、ではありません。ここまでやり切った皆さまの努力とモチベーションこそが新しい町屋の価値観そのものなのです。町屋を中心にここまで真剣に行動する新町青年会「新風連」と新町の皆さま、新町とは当初ゆかりもなかった協力者の皆さま、参加アーティスト、藤崎八幡宮関係者皆さま、劇団きららと演劇関係者皆さま、ウルトラハウスの皆さま、玉名温泉つかさの湯さま、このイベントに関わっていただいた大勢の協力者さま方。

 そして今週末イベントを仕上げる、見に来ていただくお客さま。

 皆さまに心より感謝いたします。

 有難う御座います。

 それではイベントを楽しんで下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村>

 Very various things were to start this event for a year half [ about ], and it is still continuing happening.
I have power lent to many directions and Machiya アーホーム in Shinmachi is going to be held still more.
The wall which must be exceeded becomes high extraordinary, so that attention increases and an event scale becomes large.
Whenever it experiences an event each time,  realizes its imperfectness, but there is support of the really more various ones and it can be scheduled to hold somehow this time.
Take a close-up of existence of Machiya once again.
Therefore, all the hands he has were used up.
It is actually in the state of カラッポ already.
I am allowed to carry out very various study to this dealing with an art event in Kumamoto.
I regard that there are it being good for anything and a bad thing as your knowing that there is that no it is not having restricted to the event.
Carry through the most important one as the original vision.
Although there are also various defects and it 猛省 frequent on the way, believe the vision which he drew.
Just it believed that a new sense of values would be blown into Machiya, and has acted for this half a year.
In holding Machiya art home in Shinmachi, it is the most important there.
There is a defect in preparation everywhere, and still more, also as a reasonable creature, he is also unripe also in ize [ ogre ], and has made trouble for you.
Although he will be disliked, one the method of good him of one is not related and one's is important should do work which hits a limelight to Machiya which is going to fall into ruin again.
It considers what for that purpose, you should do, and is half a year.
The result comes out still more at this weekend.
In a success or failure, it is not then.
Your efforts and motivation which were carried through so far are just the sense of values of new Machiya itself.
You, the Shinmachi young men's association "new Furen" and Shinmachi, who act earnestly so far centering on Machiya, you, the cooperators who did not have a connection with Shinmachi at the beginning, either, a participating artist, and the Fujisaki Yawata Miya persons concerned -- you, and 劇団きら and others and the theater persons concerned -- the method of Mr. [ who had you concerned with Mr. To of you, you of an ultra house, and Tamana hot spring Tsukasa, and this event / many / cooperator ]
And the visitor who finishes an event this weekend and who has you come to see.
I am thankful to you from the bottom of my heart.
Thank you, Onza います.
Then, please enjoy an event.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

熊本市、町屋アートホームin新町の、兵庫屋での展示作品に使おうかと思っている、脇差が来ました。

 大学の4年間は、総合造形学科と言ってコンテンポラリーアートを勉強しました。クリストやドクメンタについて議論しあうという授業だったり、自分の作品をプレゼンして作品とプレゼンで自分の世界を表現する授業が多かったです。クリストなんて、何かでギネスブックに載った人だろう?程度の知識しかありませんでした。

 作品を作るにあたっても、コンセプトが中心で、光を使ってインスタレーションで表現したりと、絵や彫刻といったある意味古典的な表現は全く勉強していませんでした。思えば、世に出た1998年熊本にはアートシーンと呼ばれるようなシーンは見受けられなかった気がします。

 熊本日日新聞が世安に移転したのは翌年。熊本市現代美術館が出来るまでもう数年待たなければいけませんでした。

 熊本で活動を始めてから13年絵で生きていこうと決意したのと同じ年数です。高校の美術部から作品制作をしてきた年数でいうともう20年!ちょっとビックリ!

 んで、絵でずっとやっていたら紆余曲折あって新町の兵庫屋で作品展示をする事になりました(端折過ぎですが)。

 その中で、脇差を使おうかなと思ってお借りしました。やっと本題ですが、それをどう使うかはまだ思案中ですという事を言いたかっただけで長文になってしまいました。

 兵庫屋の展示スペースというのは、縦にながく7m×2mみたいな室になっています。

 どう効果的に展示するか。

 考え中です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

For four years of a university, he called it the comprehensive modeling subject of study, and it studied the contemporary art.
It argued about Christo or Documenta, and it was the lesson of suiting and there were many lessons which make the presentation of their own work and express their world by the work and a presentation.
There was only knowledge about [ which is the person who appeared in Guinness Book of Records by something in Christo ] ?.
a certain meanings [ express / a concept / at the center / by an installation / using light ], such as a picture and sculpture, even if it hits making a work -- he was not studying a classic expression at all.
If it considers, I will feel that it was not able to see for a scene which is called an art scene in 1998 Kumamoto out of which it came to the world.
It is the next year that Kumamoto Nichinichi Shimbun transferred to 世安.
It must already wait in several years until the Kumamoto contemporary art hall was made.
After beginning activity in Kumamoto, they are the same years as having decided that it would make a living with a picture for 13 years.
20 years as used in the field of the years which have carried out work work from the art club of a high school which will be rich! It is surprised just for a moment!
When doing with the picture by ん, work exhibition will be made 紆余曲折あ in Shinmachi's Hyogo store (it is past 端折).
In it, I thought the kana which will use a short blade and borrowed.
At last, although it is main subject, it is a long sentence how it is used only by wanting to say that it is still under thought.
The display space of the Hyogo store is 7-m x 2 m of ながく 室 [ like ] perpendicularly.
How does it exhibit effectively?
It is among an idea.
Salut

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

町屋アートホームの町屋に展示するのは、マンガ。

 というより、マンガ風。

 絵巻物として考えています。自分の作風を大事にするより、面白い感じに仕上がればいいなと思っています。

 今回の展示は、これまでの作品世界とはほとんどリンクしないものになります。それでいいのだと思います。自分の絵はこうだからと、決め込んでしまうことはしません。

 ある意味自由になったのか、どうか。どちらにしても、良くないとだめなのでそこのところを気にしながら制作をしています。どんな作品を制作しても、どこかにらしさがでれば、まぁいいかと最近思います。

 パステル画の制作スピードに対して、イベントの進行スピードが早すぎるのでそれに対応する為には試行錯誤がまだいるなと感じております。

 これがアートかどうか、それを追求するよりも面白いものを作りたい。これ、面白いと思いますという作品をお見せしたいというのが今の欲求です。

 さぁ、作品制作の続きです。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

rather than -- comics -- a style.
It thinks as a picture scroll.
I hope that I am finished in interesting touch rather than prizing one's style.
This exhibition hardly links with the old work world.
Then, I think that it is good.
It does not carry out taking it for granted since its own picture being like this.
How is [ whether it became a certain semantic freedom and ] it?
Whichever it uses, it is making caring about the place there, since it must be good.
If らしさ appears in somewhere no matter what work it may make, I will think these days whether it is good well.
To the work speed of a pastel, since the advance speed of an event is too early, in order to correspond to it, trial and error think "don't be yet."
I would like to make an interesting thing rather than pursuing it for whether this is an art.
It is the present desire that I would like to show this work of thinking that it is interesting.
Now, it is a continuation of work work.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

町屋アートホームin新町のチラシが出来上がりました!mocosとドコサの記事です!

 ここに登場している芝居絵は、最初に書いた台本の場面ですが、新しい台本ではこの場面はありません。ですが、血みどろ絵として成り立っているのでそのままに描いてみました。

Photo_2   本当は当日まで出し惜しみしておきたかったのですが、インパクトを考えると出さざるを得ません。

 夜、ろうそくで見る事前提の絵なので、こうやって明るい場所で写真にとると違和感があるのですが、その様子は当日ご確認下さい。

 月刊mocosの掲載のページもアップします。

10mocos  そしてさらに、ドコサにも!

Docosa1109_1  本日も芝居の稽古です。花の踊り子大募集中!

 さらに26日は玉名温泉つかさの湯さんの湯すとり~むとのコラボ企画第一弾開催予定!お見逃しなく!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

本日熊本は藤崎宮例大祭です。三畳美術館の前を通り過ぎて行きます。そんな中、作品制作中。

 新町はお祭りで、道の両脇には沢山の人が見物しています。

 太鼓とラッパの音が大音声で聞こえてきます。本当に目の前を随兵が通って行きます。

 そんな中、いよいよあと2週間を切った町屋アートホームin新町の、町屋展示用の作品を制作に入りました。90cm×700cmという、横長の作品です。

 は~、もっと計画的に制作すればいいのでしょうが、アレもコレもやらなきゃと言っている内にこんな期日になってしまいました。

 この間神風連資料館で、河上彦斎和歌集という資料を600円でゲットしてきて、絵の内容を決めました。最初、芝居絵を描こうかと思っていたのですが、やはり彦斎が斬りまくる妄想が湧いてきたので、それを描きます。

 という訳で、制作。

 明日は天神でモヒカンポシェットの商談です。

 色々ありますね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Shinmachi is a festival and many persons are seeing him by both side of a way.
The sound of a drum and a trumpet can be heard by a powerful voice.
A 随 soldier goes through impending truly.
Such inside went into work the work for the Machiya exhibition of Machiya art home in Shinmachi who was below two more weeks still more.
It is an oblong work called 90 cm x 700 cm.
は? and while [ although what is necessary will be just to probably make more intentionally, ] Allais has also called it the Colet mist なきゃ, such the date comes.
Data called the Kawakami 彦斎 anthology of waka poems were got for 600 yen, and the contents of the picture were decided in the God Furen scientific library in the meantime.
Although he thought that he would draw a play picture at first, since the delusion which 彦斎 cuts too has sprung, it is drawn.
It makes by the reason for saying.
It will be a business talk of a morphine can pochette for Tenjin tomorrow.
Is it variously?
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

河上彦斎を演劇にするにあたり、祀られている桜山神社に参ってきました。

 熊本市黒髪5丁目桜山神社には、神風連資料館があります。

 以下、神風連資料館のパンフレットから抜粋。

 「明治の初年熊本には敬神攘夷を信条とする神風連という一団があった。彼等は明治新政府の急激な欧米化の施政を国本を危うくするものと憂慮し、ひたすら神明の擁護を祈っていたが、明治9年の廃刀令が出るに及んでついに宇気比によって挙兵した。その数170人あまり、彼等は鎮台を攻め、軍官の要人を襲ったが、近代火砲の前には長くは続かず一夜にして敗れ、その多くは戦死、自刃して果てた。」

 というのが神風連の変のあらましです。

 その気脈を作ったのが宮部鼎蔵であり、河上彦斎です。彦斎は加藤神社と菊池神社の必要性を説き、実際に実現します。

 この間、藤崎八幡宮の禰宜さんに「宮部鼎蔵が参拝した記録が残っている」と教えられて、もっと歴史上の人物が身近に感じました。

 熊本には連綿とした武士や町人、職人の歴史がある事を肌で実感する事が最近多いです。

 河上彦斎の演劇をするにあたって、熊本の歴史を少しずつ理解し始めています。これが今後作品に影響するかは分かりませんが、歴史を知るということは誇りを知るということでもあるのかも。

 よかったら神風連までを含めて、知ってもらいたいです。

 この資料館には、河上彦斎自筆の書簡が展示してあります。お客さんはほとんど県外からばかりだそうです。ぜひ一度足を運ばれて下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

5-chome, Kurokami, Kumamoto-shi cherry tree Yamakami has a God Furen scientific library. From the pamphlet of a following and God Furen scientific library to an extract "There was a group called God Furen which makes the 敬神 exclusion of foreigners a principle in first year Kumamoto of Meiji. Although they apprehended the administration of rapid West-izing of the Meiji new government with what makes Kunimoto dangerous and it was praying for Shinmyo's protection intently, the decree banning the wearing of swords in Meiji 9 reached for coming out, and raised an army by the 宇気 ratio at last. not continuing for a long time in front of modern artillery, but being beaten in one night, although a little more than several 170 people and they attacked 鎮台 and the important person of the army official was attacked -- the many are battle casualties -- the self-edge was carried out and it ended. " What is said is a strange outline of God Furen. The Miyabe 鼎蔵 made the secret understanding and it is the Kawakami 彦斎. 彦斎 explains the necessity for the Kato shrine and the Kikuchi shrine, and actually realizes it. In the meantime, it was taught to the negi of Fujisaki Yawata Miya "The record at which the Miyabe 鼎蔵 worshipped remains", and the historical person felt it familiar more. It realizes from experience that there is history of a continuous samurai and townspeople, and a craftsman in Kumamoto these days in many cases. In carrying out the theater of the Kawakami 彦斎, he is beginning to understand the history of Kumamoto little by little. Getting to know history, although there is no telling whether this will influence a work from now on is also getting to know pride. I include even God Furen and want it to know, when good. In this scientific library, the letter in its Kawakami 彦斎 own hand is exhibited. It is said about and that the visitor is almost from the outside of the prefecture. Please visit once. Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)