アートスイッチVol.3

2012年4月13日 (金)

アートスイッチvol.3の開催は、8月の平日になりそうです。

 イオンモール熊本開催予定のアートイベント、アートスイッチvol.3は、会場の都合上8月の平日になりそうです。

 夏休みでもありますし、週末の賑わいとはまた違う、じっくり楽しんで頂く企画を計画中です。

 まだ、確実に開催できるかはお約束できませんが、開催するという方向で企画は動いております。

 秋に開催予定のアート企画の、プレイベントも兼ねています。「イオンモール熊本に町屋が現れる」というタイトルです。イベント空間に町屋をイメージしたディスプレイを現そうと計画しています。

 今回のワークショップは、屏風絵の屏風に直接絵を描いていただこうと思います。例年500人を超えるメインのワークショップです。出来上がった作品は秋のイベントで発表してもいいかななどと考え中です。

 郊外の商業施設のメイン層であるニューファミリーの方々への、熊本城下町に存在する町屋のアピールになります。まだまだその存在が熊本では知られていないと思います。城下町の町屋でイベントを行う事が重要ですが、一方でまた、人が集まる場所で町屋のアピールを行う事も非常に重要です。

 町屋でイベントを行う場合は、観客はもとからの町屋ファンが大半です。これからはしっかりと外へ向けた新しい取り組みをして行かなければ、結局は閉じた世界での話しに収束してしまう恐れがあります。

 アートに限らず、世界が閉じてしまっては外から来るお客様には何が何だか分かりません。もっと広く魅力を伝えて行くやりかたが、必ずあるはずです。

 熊本唯一と言っていい、アートNPOアートスイッチとして何ができるのか。

 今年もまたその答えを探し始めています。

 サリュ

Aeon Mall Kumamoto art event to be held, Art vol.3 switch is likely to be for the convenience of the venue on weekdays in August.

It is also a summer vacation, it is planned and bustle of the weekend is rather different, and thoroughly enjoy the planning.

Yet, you can certainly hold promise, but can not, planning is moving in the direction that we held.

The plan also serves as the art to be held, also pre-event in the fall. Is titled "Aeon Mall Kumamoto Machiya appear." We plan to display the image Arawaso Machiya event space.

I think this workshop, seeks to draw a picture of the picture directly to the folding screen folding screen. Is the main workshop of more than 500 people each year. Work is being finished, and so I thought Can I announced in the event of a fall.

Machiya will appeal to people new to the presence of the family of commercial facilities on the outskirts of the main layer, the castle town of Kumamoto. I think in Kumamoto and its existence is not known still. It is important that you do an event in Machiya of castle town, also in the other hand, it is also very important to make the appeal of Machiya in the places where people gather.

If you do an event in Machiya, the audience from the original fan Machiya of the majority. Now may have to go to a new approach towards firmly outside, they eventually converge to a story in the closed world.

Not limited to art, and have closed the world will come to you from the outside somehow I do not know what. Way to go is to convey a wider appeal, there should always be.

I only say Kumamoto, what can be done as an art NPO art switch.

We started looking for the answer to that again this year.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

アートスイッチvol.3 の打ち合わせに入ります。

 今年の夏開催予定のアートイベント、アートスイッチvol.3の打ち合わせを始めました。

 概ね基本は出来てきました。後は細かいところの詰めです。

 秋に開催予定の城下町アートイベントと連動する形での運営になりそうです。

 毎年、こうやって少しずつアートイベントを開催できるようになってきたのは、嬉しい限りです。3年前までは企画自体を何もしていなかったのですから、自分とすれば大きい変化だと思っています。

 熊本の作家が少しでも活動できる場が、増えればいいなと思って始めた事でしたが、今ではもっとたくさんの可能性が見え始めています。もっともっとと欲張りながら進んで行こうと思います。

 アートスイッチvol.3は去年は会場の工事の関係で、開催できませんでしたが今年はやります!!

 テーマは当然? 「町屋」です。「城下町」でもいいかも知れません。

 郊外型の商業施設で城下町をアートでアピール致します。

 もちろん、様々な方のアイデアとモチベーションは常時募集中です。ご興味があられる方は連絡下さい。お待ち致しております。

 サリュ

Began meeting to be held this summer art events, art switch vol.3.

Base has been generally can. The rest is fillings detail.

Is likely to operate in a manner that works in conjunction with an art event to be held in the fall of the castle town.

Every year, I have made it possible to hold a little bit to do art events do this, I'm glad to. I think until three years ago because I did not have any plan itself, and that if large changes with myself.

It was thought that began as a writer of Kumamoto field can be even a little activity, and I hope The more, the possibility of a lot now have begun to see more. I am going willingly and while more and more greedy.

Will do this year is Art vol.3 switch last year in relation to the construction of the venue, but could not be held! !

The theme is of course? Is "Machiya". You might even say "castle".

We will appeal in the art in the castle town of suburban-type commercial facilities.

Of course, ideas and motivation is in the variety of people always looking for. Those who are interested, please contact roughness. We will wait.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

久しぶりですが、アートイベント、アートスイッチvol.3を今年8月に開催致します!!

 2010年にvol.2を開催したアートイベント、アートスイッチのvol.3を今年の8月にいよいよ開催致します!

 詳細は今後次第に明らかになりますが、前回は11人の作家が集い、様々に企画を行いました。今年はどうなるのでしょうか。白紙ではないですが、まだまだ詳細は決まっておりません。

 vol.2は、ダンスとダンスの絵のインスタレーションを公開時に周辺の通路が止まる程の勢いでした。

 注目が高まっているのかどうなのか、さっぱり分かりませんが、この試みはアートを日常にというNPO法人アートスイッチの基本精神を体現したものです。できる限り続けていきたいと思っています。

 例年に引き続き、参加企画を募っています。昨年は遠山昇司氏の「あっちこっちパッパ」の初公開という名誉を得ました。参加作家様には本当に感謝致しております。

 今年はどうなるのか。毎回の事ながら、予定は未定!

 やりますよ!

 サリュ

Finally will be held in August of this year the event was held vol.2 vol.3 Art in 2010, of the artswitch!

The details are the future gradually becomes apparent, the last writer of 11 people gathered, made ​​a plan in various ways. What will happen this year. It is not a blank, the details still are not fixed.

vol.2, it was enough momentum for passage of stops around when you publish an installation of paintings of dance and dance.

Why if it is growing attention, but not understand, this attempt is that embodied the spirit of the artswitch (NPO) routinely called to Art. We want to continue as much as possible.

Following the usual, we solicited participation plan. Last year got the honor of being the debut of the "here and there Pappa" Mr. Shoji Toyama. The participating artists like We will be really grateful.

What will happen this year. It will be every time, plans are undecided!

I can do it!

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

アートイベント アートスイッチVol.3開催決定!今週末に一回目のNPOアートスイッチ理事会議を行います。

 いよいよ、開催が決まりましたアートスイッチVol.3!

 とりあえず2年前のVol.1の写真から。

  毎年試行錯誤しながら今年で3回目を迎えることになります。

 参加作家は今のところ未定ですが、これから逐次決まっていくことでしょう。

 テーマも概要は決まっていますが、詳細は今週末行うNPO理事会議で決まっていきます。

 新町三畳美術館で日曜夕方から行いますので、興味がある方はお問い合わせの上ご参加下さい。アートイベントがどういう風に巨大商業施設で開催されていくのか、今後そういうイベントを考えておられる方には参考になる会議かもしれません。

 Vol.3の立ち上げ会議ですから。

 作家から参加料をいただかない、売上からもマージンをいただかない。それでどうやってイベントを開催するのか。もちろん今のところ助成金もいただいておりません。

 参加料もマージンもいただかないかわりに、作家さんにはできるだけお客様に楽しんでいただく趣向をご用意していただくことになります。

 開催当初からの目的である、アートを見に来た訳ではないお客様のアートのスイッチをオン!にするためにはどうすればいいのか?

 なぜそうしなければならないのか。

 創作で生きて行こうと決めた若手が、途中でやめず、一応の生活の糧が得られるまでの、作品がそのレベルまで達するまでの道筋のひとつとして沢山のお客様に作品を見ていただいて買っていただく必要がまずあります。

 アート好きが集まるイベントなら、熊本にも沢山ありますからそこにも参加する必要があるでしょう。

 しかし、いつも同じお客様が来るという面もあるはずです。新しい顧客を獲得しないならビジネスは成り立って行かないでしょう。現代の日本ではパトロン的なお客様などいないのですから。特に熊本ローカルにそれを期待しても無理というもの。

 それならば、今現在はアートに興味を持っていない方達が多く集まる場所に、出て行かなければならないと考えています。興味を持つ必要がない方には大きなお世話なのですが、ビジネスの基本は大きなお世話がいつの間にか楽しかった、役に立ったというところ。

 そこに経済が回るチャンスがあるはずです。そいつを掴みにいきましょうという作家目線からすれば、そういう目的があるのです。

 8月のイオンモール熊本クレアの週末2Daysで、全体の集客数は約8万人。その中で一人でも興味を持っていただけたなら、とても意味がある事だと思いませんか?

 待っていただけなら、その人とは一生出会うことはなかったでしょう。

 ただ、それだけの為に今年も動きだします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 サリュ

Art switch Vol.3 that decides holding more and more.

The third times in this year will be faced while trying and erring every year.

It will one by one decide in the future though the participation writer is at present undecided.

Details are decided at the NPO director conference held at the end of this week though the outline is decided to the theme.

It does in 3 mat in Shimmachi museum on Sunday evening, and participate in interesting one, please after it inquires. It might be a conference that serves as a reference to the person who will think about such an event in the future what wind is held the art event in a huge, commercial facilities.

Because it is a start-up of Vol.3 conference.

I do not get the margin from sales not to get the entry fee from the writer. And, how is the event held?Of course at present, I do not get the subsidy.

The writer will prepare the idea that the customer enjoys as much as possible instead of getting neither the entry fee nor the margin.

The switch of the art of the customer who did not come to see the art who is the purpose from at first of holding is on. Is it [hadousurebaiinoka] in [nisurutame]?

Why should I do so?

The young man who decides that it lives by the creation doesn't give up in midstream, and, first of all, there is a necessity for a lot of customers' seeing the work to the level as one of the routes to reaching and buying the work to obtaining provisions of the life of one respondent.

It is likely to have to participate there because it is a lot also in Kumamoto if it is an event in which the art lover gathers.

However, there must be respect that the same customer always comes, too. The business might not consist if it doesn't yield a harvest of new customers. Because there is no patron customer in modern Japan. Especially, even if it is expected of local Kumamoto, it is the one of impossibility.

It is thought that it is necessary to go out to the place in which interested people gather a lot as of now if it is it. It was useful.

There must be a chance that economy turns there. There is such a purpose from the writer eye line where [soitsu] is said living in the grip.

It is 2Days on ion lace Kumamoto Clare's weekend of August, and the entire number of attracting customers is about 80,000 people. Will you think that it is a very significant thing if it was possible to be interested even by oneself in that?

It was likely not to have met the person through life if it was able to be waiting.

However, it begins to move only for it this year.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

イベント アートスイッチVol.3の企画を立て始めます。

 今年の夏開催予定のアートイベント、アートスイッチVol.3の企画を立て始めます。

 毎年、24時間テレビのチャリティー募金も併設してきたイベントですが、今年も会場にて募金を行います。NPO法人アートスイッチとしても毎年募金してきました。

 東北関東大震災の義援金募集として、アーティストが販売する作品の一部を義援金にするという案を立案中です。

 今年の裏テーマ(参加アーティストにご理解いただいて協力してもらうテーマ)は「アタック」もしくは「チャレンジ」というものになるかと思います。言葉にするとありきたりですが、行動にうつすとなるととても苦しいトライになるのではないかと。

 これは実は、言葉にしなかっただけで、前2回もしっかりあった裏テーマなのですが、今回からははっきりしようと思います。

 作家が作品を真剣に制作するのは当たり前なのですが、いざそれを見せようという時の展開がありきたりに過ぎるという場面に数多く出会います。

 もったいない。

 アートを見にきている訳ではない、買い物のお客様に対してのアピールはそれでは弱い。

 無理やりにでも見てもらうんだという企画を、各個のアーティストと話し合いながら立てて行きます。

 アーティストまかせということではないということを、ご理解いただければと。

 作品制作に手いっぱいで、2dayの企画にそこまで踏み込めないという面をサポートしていきます。そうすることで、毎年の企画のクオリティーを上げ続けなければいけません。

 Vol.2は最年少女性活弁士とあっちこっちパッパの公開、ワークショップ参加約500人、ダンスをテーマにした2m×6mの絵の前でキッズダンサーに踊ってもらうインスタレーション、コンテンポラリーダンサーのゲリラ的なダンス…

 それ以上の企画と熱意を盛り込まなければやる意味がありません。

 今年の本テーマも上がっていますが、これはもう少し話し合いを重ねてからの詳細発表となります。

 熱意ある企画であれば、持ち込みも大歓迎しておりますので興味がある作家さんはぜひ新町三畳美術館までお越し下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It begins to make the art event of the holding schedule and art switch Vol.3 project in the summer of this year.

It raises a fund in the hall this year though it is an event that has established the charity fund-raising of the 24-hour TV program as an annex every year. It has raised a fund as a Law to Promote Specified Nonprofit Activities person art switch every year.

The idea of making a part of the work that the artist sells a relief and condolence money is being planned as raising contribution money of the Tohoku Great Kanto Earthquake.

I think that this year's back theme (theme that understands by the participating artist and cooperates) becomes the one "Attack" or "Challenge". Does it become a very painful in case of move it to the action trial when making it to the word though it is ordinary?

Actually ..this.., I will be clear this time though only it doesn't do to the word, and the first times are the back themes that are firmly.

It meets the scene that development that [izasore] is shown passes ordinarily a lot though it is natural that the writer seriously produces the work.

It is too good.

The appeal to the customer of shopping who is not coming to see the art is weak in it.

The project of seeing is made in an impossible spear though is artists of each it and is the discussions.

If you can understand not the artist leaving.

Respect that it is not possible to depress it to the project of 2day busily there is supported to the work production. If you do not keep raising the quality of the project every year by doing so.

Vol.2 is a guerrilla dance of the installation and the contemporary dancer whom the kids dancer dances with minimus female [**] speaker in front of the picture of 2m×6m of [kocchi] [pappa] there that opens to the public, the workshop participation, and makes the dance a theme by about 500 people etc.

There is no done meaning if neither a project any more nor zeal are included.

This becomes a detailed ..discussion.. announcement from repeated a little more though this theme of this year goes up, too.

Bringing in must roll out the red carpet if it is a project with zeal, too and an interesting writer must come to 3 mat in Shimmachi museum by all means.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)